葬儀といえば、今まで何度か参列したことがありますが、いかに大変かがよく分かります。
それは、葬儀の段取りとか形式を葬儀屋と何度も打ち合わせしながら決めていくのですが、これをわずかな時間でやっていく必要があります。
そして、葬儀をどのような規模で行うかといったことも考えながら準備していくことが必要になります。
そこで、葬儀について思うことですが、個人的にはできるだけ簡素化してやりたいと思っています。
これはいろんな人に気遣いするよりも、故人を安らかに送ってあげたいとの気持ちがあるからです。
最近では家族葬も増えているので、そういうパターンで考えてみると、一つの方法として考えられると思います。
このように、葬儀のスタイルは様々なので、それぞれの事情に応じたスタイルで良いと思うし、葬儀屋さんもそういうプランを用意しているようです。
これからは様々なスタイルが出てくると思います。
こういうことは私もこれからは考えておきたいです。

葬儀に関する疑問点はこちらで解消できます。
基礎知識や当日必要になるマナーなど、豊富な情報がありますのでおすすめできるサイトです。

色々あります

私達はこの世に生まれてきていつかはこの世とのお別れをしなければならないのですが、できるだけその時期については遅くあります様にと願うのは皆さん同様な気持ちであると思います。
しかしながら友人の親であるとか親戚の方がお亡くなりうになりますと、とても大変気持ちになるのですが、当人達は亡くなった方の葬儀を手配したり或いは各種の手続きなどでとても忙しくて悲しんでいる時間すらあまりないとも聞きます。
また最近の葬儀は本人の生前における意向があればこれを反映して対応するケースも増えてきています。
この葬儀においては親族のみで執り行うものや、或いは宗派に対してのこだわりであるとか或いは戒名の必要有無など、本人の意向があればそれに対応してあげることが喜ばれる事として尊重されてきています。
皆さんにおかれましても、いつかはやってくるであろう時についての対応を家族の方など含めてぜひ一度、検討されて見ては如何でしょうか。