私の実家は四国なのですが、ご先祖さまのお墓に於いては、家から少し離れた場所に、家族だけのお墓がこぢんまりとした感じである程度です。主人の父親が数年前亡くなり、入っているお墓に於いては、静岡にある、大きな霊園にあります。主人に聞いたところによると、一番下の妹が、3歳の時に亡くなり、その際に買っておいたお墓だそうです。霊園と言っても、四季折々に観光に来ている様な人が大勢いたりすることもあります。例えば、春桜の季節になると、本当に見事に咲き乱れる桜の木の下で、お弁当を広げ、お花見をしている人たちも大勢います。気候が良ければ、バ-ベキュ-をしたり、ちょっとした広場では、犬が走り回っていたり、子供たちや大人たちも一緒になって、バトミントンの様なスポ-ツを楽しんだりと、ここが、霊園なのと、いう感じで、初めて目の当りにしたときにはびっくりしてしまいました。

近所の霊園での話です。

霊園についてどれだけ知っていますか。ちなみに我が家は歩いて十分くらいなところにお墓があるんです。なんでも、そこはもともと、山の中で周辺が宅地されて、かなり浮いているんです。住宅地の中のお墓なので怪談になりそうな雰囲気です。といっても、余りにも自然なので誰も気にしていないようですが。実は私、嫁に来たので霊園についてあまり、詳しい事情は知らなかったんですけど。こないだ、管理している人の話を聞いたんです。もともとは山の中だったせいで埋葬はかなり、大変だったそうです。幾つも葬儀が重なったら、牛を使って運んだそうなんです。というか、現在は火葬なんですが。そして、山だった所を切り崩して平地にしたわけです。自動車が通れる道が出来て周囲に家が建つようになったわけです。現在、霊園は共同で管理されているんです。

霊園に関することについて。

霊園とは、墓地のことです。たくさんのお墓が立ち並んでいる場所のことで、お盆やお彼岸などには多くの人がお墓参りに訪れます。日本には、たくさんの霊園があります。きれいに管理されているところは、いつ行ってもきれいだし、穏やかな気持ちになることができます。これからお墓を建てようと思っている場合、できるだけ家族みんなで行くことができる距離の霊園を選ぶようにするベストです。距離が近ければ、お盆やお彼岸などには必ずお墓参りに行くことができるし、月命日など故人に関する日にちに合わせて先祖供養をすることができるからです。また、評判が良いところをお墓を建てる前に調べておくと良いです。故人のためにも、できるだけ管理の行き届いたきれいな場所を選んであげるのも愛情だと思います。そして、場所や予算などをしっかりと考え決めることが大切です。

石材工事受注を頂いたお客様数は6000世帯以上。 田舎から住まいの近くにお墓を移動したいお客様。移転可能な霊園をご紹介致します。 お墓のディティールが気になる方は、まずは資料をお読み下さい。 霊園やお墓のことなら美郷石材にお任せください。 東京・神奈川・埼玉の墓所・墓苑探しをお手伝い。お客様のご希望に合わせてご紹介致します。 霊園探しで便利な立地なら美郷石材へ。